TopMenu
[01 はじまり]


初めて自分専用に手にしたカメラはYASHICA 35-MEです。
中学の1年の頃だったと記憶しています。魚屋でバイトしたバイト料で購入。
確か\10,000だったと思います。京王線烏山駅前(東京都世田谷区)のお店でした。
今もそのお店は健在です。
でも、カメラは何処にいったか分かりません。取説だけあります。

2台目は高校時代の友人の薦めでNikon FEと単焦点の35mmレンズを大学1年の時に購入しました。
彼は高校時代に、写真部を創立し初代の部長でした。
「まぁ〜、その彼が薦めるなら」という程度で、私はそのカメラに特別な思いがある訳ではありませんでした。
当時の私の趣味は、自転車でのツーリング。決してサイクリングではありません。
で、その時々の風景とか、まぁ〜スナップですね。
また当時の私には被写界深度は勿論、絞りやシャッタースピードの意味すら理解しないで
パチ・パチ撮っていましたね。あぁ〜恐ろしいぃー。
で、1996,7年頃だった思います、もぅ使用しないからと新宿のカメラ店で処分しました。
今だったら、絶対にネットオークションですょ。あぁ〜失敗した(笑)。
その後の撮影はもっぱら「写ルンです」とか、コンパクトカメラでした。



私の尊敬するある方が、仕事の合間に撮影を楽しまれています。
「楽しむ」という表現は正確ではないかもしれまんが、、、。
きっとコンパクトカメラを使用されているのだろぅーと思っていたのですが
さにあらず、一眼レフでした。
チョット背景をお話ししますと、、、。
その方は写真芸術の殿堂と言われている「フランス写真博物館」第1号の「名誉館員」なのです。
今までに世界数十都市以上で写真展が開催され、一般市民は元より各界の知識人、著名人からも絶賛され ています。
という評価を得ているのだから自分もコンパクトカメラ、所謂バカチョンでいいやぁーと思っていたのです(笑)。
しかし、使用カメラが一眼レフと判り、そっか先生も(私は先生と呼んでいます)一応一眼レフなんだ
じゃー自分も(笑)。
という事で、初めてカメラ(写真)雑誌を購入し、色々と物色して選んだのがNikon F100でした。
先ほどお話をしたように、学生時代に使用していたものが「Nikonだった」という事が最大の理由でした。
購入は1999/1。しかし、車の免許取得作戦と時期が重なった為、実際に使いだしたのは1999/5からでした。

最初の1,2本はカラーネガを使用しましたが、その後は全てリバーサルです。

色々なカメラ(写真)雑誌等を読むと、三脚の重要性に付いて書かれていたので
三脚も買いました。
今思うと、とんでもないボロ三脚です。
とまぁー、真に超初心者だった訳です。


1999/12にトヨタ ハリアーという車のオフ会が滋賀で開催され参加しました。
参加したメンバーから、画像のアップを頼まれたのがHP(ホームページ)開設のきっかけでした。
現在はオフ会や(ワンコの)写真日記等のページは閉鎖し、メインはGalleryページのみとしています。


このGalleryページがきっかけで、ある方から(2000/5に)E-MAILでのお便りを頂きました。
その後、撮影にご一緒させて頂いたりと、兎に角一から様々な事を教わりました。
私の(風景)写真への技術的な基礎は、間違いなくその方から教わった事が原点になっています。


そしてその方の影響でPENTAX 645NUという考えてもみなかった
中判カメラを使用するという経験もしました。
中判カメラは約3年間使用し、ある事がきっかけで手放しました。
それはもぅ本格的に撮影に出かける事はないだろぅーと思う事態が起こった為でした。
その後中判カメラだけではなく、全てのカメラ機材を手放しました。


それから半年が経過した2006/6にもう一度 始めてみようか という気持ちになり現在に至っています。


TopMenu